【ヴィンテージカー】旧車と苦楽を共にする楽しみ

ヴィンテ-ジカ-

【ヴィンテージカー】旧車と苦楽を共にする楽しみ

ヴィンテ-ジカ-の楽しみ方

壊れても楽しい 旧車の魅力

ヴィンテ-ジカ-の魅力は
現行車にない手作りの魅力がありますね。

愛車と苦楽を共にするというのは
よく聞きます。

旧車は壊れても、直すこともまた
楽しいという意味ですね^^

「苦労も楽しみのひとつ」

ということなんですね!

開かずの倉庫から100億円相当のヴィンテージカー発見!

第10回京都ヴィンテージカーフェスティバル2013-1

海外の反応 日本 外国人『昔の方がカッコいいとは!?』

ウイリスオーバーランド・モデル91フェートンで1925年製(米国)

出典 http://www.surluster.jp

しっかり走るので驚き。前後とも板バネサスペンションの乗用車なんて今どきありませんが、思ったほど乗り心地は悪くない。車高が高いオープンボディなので、とても爽快ですね。ちょっと試運転させていただきましたが、アクセルが真ん中でブレーキが右なので慣れるまでおっかなびっくりでした。もちろん、ここまでちゃんと走らせるには相当の苦労があったとか。詳しい整備マニュアルがないので、いちいち自分で推理して考え、直していくのです。手に入らない部品は自分で作らなければならない。渡辺さんは「昔のクルマは今みたいにスイッチひとつで動かなかった。スタートの準備に時間がかかり、走り出してからまたトラブルが起こったり。そんな苦労を今の時代に分かち合えるのがまた楽しい」と話します。「苦労も楽しみのひとつ」とは、ヴィンテージカー愛好家がよく使うキメ台詞ですね(けっしてヤセガマンではありません)。

出典 http://www.surluster.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ